spaceTOPプロフィールCD&DVD情報やぎりんメールQ&Aやぎりん日記spaceEnglishspace
space楽曲紹介吹奏楽曲アンサンブル曲合唱曲楽曲紹介spaceリンク集演奏会情報space
吹奏楽曲(詳細)
作品名 「エスポワール」
サブタイトル 〜 希望への道
委嘱団体 札幌創成高等学校吹奏楽部 第10回記念定期演奏会 委嘱
作品No 131
シリーズ名  
作曲年 2012
グレード 2
演奏時間 約3分10秒
演奏可能最低人数 20人
参考音源 デ・ハスケ
楽譜出版 デ・ハスケ
解説 ■「エスポワール」〜 希望への道 

日本の最北端、北海道に位置する札幌創成高等学校吹奏楽部の第10回記念定期演奏会委嘱作品として八木澤教司によって2012年に作曲され、板倉雄司教諭の指揮、同高校吹奏楽部によって世界初演された。板倉教諭は作曲にあたって八木澤に“耳馴染みのある親しみやすい小品であること”“基礎合奏のコラール練習としても使用出来ること”“毎年の定期演奏会のアンコールで演奏できる内容であること”という3つの条件を提示した。八木澤はこれらの条件を満たした温かい音楽を見事に創り、生徒たちの希望のある未来を願って「エスポワール」というタイトルを名付けている。コンサートの間奏曲として選曲するのも良いだろう。 

■ L’Espoir


 This piece, composed in 2012 by Satoshi Yagisawa, was commissioned for the 10th Anniversary regular concert of the Sapporo Sosei High School Wind Ensemble, located in Hokkaido, in the far north of Japan. It was premiered by the ensemble under the direction of their teacher, Yuji Itakura. When Itakura commissioned the piece from the composer, he included the following three requirements: it should be a short and familiar-sounding piece and easy to listen to; it should be appropriate as a choral exercise of the basic ensemble; and could also be played as an encore in their regular concert of each year. Yagisawa composed a wonderfully warm piece of music to fulfil all these conditions and named it L’Espoir as a goodwill wish for the students. L’Espoir is also suitable as a concert interlude.
編成

やぎりん日記

Copyright (C) 2009 Satoshi Yagisawa. [Sounds-eightree] All rights reserved.