spaceTOPプロフィールCD&DVD情報やぎりんメールQ&Aやぎりん日記spaceEnglishspace
space楽曲紹介吹奏楽曲アンサンブル曲合唱曲楽曲紹介spaceリンク集演奏会情報space
吹奏楽曲(詳細)
作品名 「グラティチュード・ジャーニー」
サブタイトル 〜 永遠なる陸奥への想い
委嘱団体 ワシントン大学ウインドアンサンブル 委嘱
作品No 127
シリーズ名  
作曲年 2012
グレード 4
演奏時間 約7分00秒
演奏可能最低人数 35人
参考音源 CD
楽譜出版 ウインドアート
解説 Commissioned by and dedicated to the University of Washington Wind Ensemble,
Prof. Timothy Salzman, conductor.

JOURNEY OF GRATITUDE
- Caring Together for The Tohoku Region of Japan

■ 「グラティチュード・ジャーニー」〜永遠なる陸奥への想い/八木澤教司 作曲
JOURNEY OF GRATITUDE - Caring Together with The Tohoku Region of Japan/
Satoshi YAGISAWA

 ワシントン大学ウインドアンサンブル委嘱作品。この曲はワシントン大学ウインドアンサンブルの指揮者であるティモシー・サルツマン氏のご依頼で本日のチャリティー・コンサートのために作曲させて頂きました。サルツマン氏のご要望もありテーマは日本の人気のある観光名所である美しき陸奥(東北地方―私の出身地でもあります)です。この陸奥はご存知のように2011年3月11日に起こった東日本大震災で地震だけではなく津波や放射能といった多くの被害を受けました。現在は復興に向けて国内から海外までの多くの温かいご支援を受けながら復興に向かっていますが、今もなお、地震は度々起こり緊張感が続いています。親しい音楽仲間たちがたくさん住んでいる陸奥に、私は震災後も幾度と足を運びました。被災した人々の話を伺う度に被害は想像を遥かに超えたものと実感し、この大震災を直接音楽で描写した作品を作曲するといった軽はずみなことは絶対にできないと心底思いました。そういった意味で今回は音楽をどのような方向に持って行くかとても悩みました。
 2012年になってからも私は陸奥に伺う機会が何度もありました。しかし震災から一年が経とうとする今日では今までとは少し異なる話題を多く耳にしました。「地震の時は大変でしたが、以前よりも家族や仲間たちとの絆が深まったんですよ」「失ったものは多かったですが、今まで気づかなかった小さなことにも感謝できるようになりました」と笑顔でお話されている姿を目にして、日本中が、世界中が陸奥に多くのエールを送り続けることが大切だと改めて感じました。この作品は陸奥の美しい風景と共に、この地方に向けて多くの人たちが心を一つにして「助け合う、感謝する」といった前向きな希望を描写した応援歌です。ワシントン大学ウインドアンサンブルの熱き想いが華やかなサウンドと共に陸奥に届くことを願って…。
作曲家:八木澤教司

The University of Washington commissioned Journey of Gratitude - Caring Together With the Tohoku Region of Japan. Professor Salzman specifically asked me to compose a piece for the Winds for Hope benefit concert, an event staged for the Japanese school bands who have suffered from terrible effects of the Tohoku earthquake and tsunami. I composed this piece based on themes inspired by the beautiful scenery of Tohoku where I am originally from - it is nearly impossible to explain and describe how the beautiful Tohoku region looks like today. This region of Japan has been terribly damaged by the massive March 11th, 2011 earthquake and tsunami and is still affected by radiation. The area has made an impressive recovery with help and support from all over the world as well as the people in Japan. However, today many after-shocks continue to cause fear and tension among the Tohoku people. I have visited the Tohoku region, where my dear friends and family live, many times since the earthquake last year. The damage has been engraved so deeply into their lives that I was unable to write a work about, or for them for a quite long time, and to some degree I strongly felt that it would have been disrespectful to compose music based on the terrible event. Having said that, I continued struggling towards what direction I must take my composition style in an effort to respect and encourage the Tohoku people through music.

During my visits to the Tohoku region during January of 2012 I came to realize that people there have begun to express themselves quite differently. People told me, with smiles on their faces: “It was terrible when the earthquake happened, but now the bonds among families and friends are much stronger than before”…“I lost quite a lot, but now I am grateful for small things that I didn’t recognize before”. Since then, my intention is to think even more positively for their best, and hope that the whole world will continue to send them encouragement.

My new composition is based on the many expressions of gratitude and caring together that I learned from the Tohoku people, words that give everyone the kind of energetic hope that moves people forward. My wish is to reach out to the Tohoku people’s heart through the University of Washington Wind Ensemble’s warm and passionate sound.

Satoshi YAGISAWA
編成

やぎりん日記

Copyright (C) 2009 Satoshi Yagisawa. [Sounds-eightree] All rights reserved.