spaceTOPプロフィールCD&DVD情報やぎりんメールQ&Aやぎりん日記spaceEnglishspace
space楽曲紹介吹奏楽曲アンサンブル曲合唱曲楽曲紹介spaceリンク集演奏会情報space
吹奏楽曲(詳細)
作品名 「サグラダファミリアの鐘」
サブタイトル ― ガウディの継がれゆく意志
委嘱団体 堀越高等学校吹奏楽団委嘱
作品No 086
シリーズ名  
作曲年 2009
グレード 3+
演奏時間 約7分30秒
演奏可能最低人数 40人
参考音源 CD
楽譜出版 ウインドアート
解説 「サグラダファミリアの鐘」-ガウディの継がれゆく意志
“The bells of Sagrada Familia”-An everlasting will of Antoni Gaudi

 堀越高等学校吹奏楽団委嘱作品。サグラダファミリアとはスペインにあるカトリックの教会であり、天才建築家と称されたアントニオ・ガウディが設計したものである。彼は31歳から生涯をかけてサグラダファミリアの設計・建築に全力を注いできたが、不慮の事故に遭い、完成を見ることなく74歳でこの世を去る。ガウディは詳細な設計図を残しておらず、更には弟子が残した資料や模型もスペイン戦争で焼失。しかし、職人による伝承や大まかな外観のデッサンなど、残されたわずかな資料をもとに、時代毎の建築家がガウディの設計を推測しながら127年経った現在も建設が行われているのだ。このようなガウディの意志を受け継ぐものたちの想いと共に、イエス・キリストの生涯である“生誕”“受難”“栄光”を描写したのが、当楽曲である。八木澤コラールの新境地を垣間見る話題作として注目を集めている。

まだ音源を公に提供していませんが、
どうしても聴きたいという方のみご連絡ください。

多少ノイズはありますが音源を提供することが可能です。

●お問い合わせ先は下記、八木澤まで。
e-mail:yagisawa@sounds-eightree.comまで。

編成

やぎりん日記

Copyright (C) 2009 Satoshi Yagisawa. [Sounds-eightree] All rights reserved.