やぎりん日記

やぎりん!こと、作曲家の八木澤教司の日記です! 日々の体験や感じたことを書いていきます!
Subscribe

Archive for 12月, 2010

☆ 第29回吹奏楽ゼミナール(JBA)

12月 30, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

溝の口のホテルで目を覚ます。本日は日本吹奏楽指導者クリニック(JBA)の「若手作曲家の自作の作品について」という講座を担当するため洗足学園音楽大学の校舎へ向かいました。会場に到着しウインドアート出版のブースを訪ねCDを何枚か借用。ウインドアート出版代表の神長一康さんは武蔵野音楽大学作曲学科の同期。15年ぐらいのお付き合いになります。従って八木澤作品を語るには同出版社のCDは必需品。会場でマイクテスト、CDがきちんと再生できるかチェックし開始午前9時まで待機。

今回私が講義をさせて頂くきっかけを頂いたのは吹奏楽指導者の秋山紀夫先生のご紹介。5月に台湾で開催された「第4回台湾クリニック」で台湾空軍音楽隊をモデルバンドに私が指揮をしながら【ヘリングの朝】の情景や展開、そして作曲への姿勢を話して行くレクチャーをご覧になられた秋山先生より、その当日の打上げの席で本日のJBAレクチャーのお話を頂きました。台湾では文化違いからくる時間の流れの違い、日本人が常識と考えているものとの食い違いもありトラブルも多く慣れない私には苦労もありましたが、その中で現地で資料を制作したり、聴衆が求める内容を臨機応変で行っていく姿が、逆に秋山先生の目に止まったと嬉しいお話を頂きました。本日の講習では“人と人とのつながりで生まれた作品”をテーマにデビューのきっかけであった【輝きの海へ】と田川伸一郎先生、市川市立新浜小学校吹奏楽部の子供たちとのエピソード、バンドディレクターである佐藤正人先生との衝撃的な出会い、関西から広がった輪について作曲家としてデビューした10年間についてお話させて頂きました。又、「協奏曲シリーズ」や合唱と吹奏楽のための作品【あすという日が】などタイプの違う作品の紹介、東北福祉大学吹奏楽部とのコラボレーションで生まれた作品についてもお話しピッタリ60分で終了。終了後も先生方からの質問やバンドの現状に対する悩みのお話を聞かせて頂いていると既にお昼。閉校式にも臨時出席し受講生を見送ってから帰らせて頂きました。自宅に帰る途中で乗換える錦糸町駅でラーメンを食べて帰宅。本日は作曲を一時中断し「24ファイナルシーズン」を一気に見ることを決意。明日の今頃には完結しているでしょう。

★ 忘年会〜第3回東京やぎりんの会!

12月 29, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

本日は昨日より洗足学園音楽大学の校舎で開催されている第29回吹奏楽ゼミナール(日本吹奏楽指導者協会主催)の様子を見に現地へ向かいました。明日の早朝の講義で私は「若手作曲家の自作の作品について」というテーマに基づくレクチャーを依頼されています。又、毎年ウインドアート出版も協賛企業ということもありブースを出しています。受講者名簿を頂くと157名が参加。学校の先生方や吹奏楽指導者、大学・一般の指揮者の方々など。講義の様子を拝見すると先生方も受講生も大変熱心な雰囲気で進められています。名簿を見る限り私が直接知っている方は10人くらい。明日はどんな話をすれば良いのか、本日会場へ訪れておいて正解でした!

溝の口のホテルにチェックインし渋谷へ向かいます。本日はウインドアート出版代表の神長一康さんの主宰で忘年会を兼ねた「第3回やぎりんの会」が開催されました。特別私が中心となる会では無いのですが、私と関わる方々がお互い輪を広げるための“交流の場”という感じです。基本的にはワイワイとお酒を楽しむ会です。しかしながら参加者は多種多様。私の大学友人関係からは神長さんを筆頭にサクソフォーン奏者の浅利真さん、鶴飼奈民さん、豊田晃生くん(関城吹奏楽団指揮者)、教育芸術社営業マンの小野慎也さんが、そして委嘱作品を書いたバンドからは堀越高等学校吹奏楽団(サグラダファミリアの鐘)の吉澤隆先生、青藍泰斗高等学校吹奏楽部(仰ぎ見ること)の輿儀和弘先生、元・茅ヶ崎北陵ウインドアンサンブル(パンドーラの箱)の丸山透先生、アルファモニック吹奏楽団(アルファモニック序曲)指揮者の須藤信也さん、千葉吹奏楽団(カッパドキア)の皆さん、遠方からは富山のバンドディレクター湯浅幸嗣さんなど30名弱の皆さんが参加。当然ながら初対面であった方々でも意外な共通点が多く交流は広がって行きます。深夜12時近くまで続いた宴会ですが明日の早朝の講習も考え溝の口のホテルへ移動。楽しい会でした。神長さんは「次回は夏」と予告、また楽しみが増えました!

◆ シンガポール課題曲が到着!

12月 28, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

本日、出版元のブレーンミュージックよりシンガポールの課題曲「シンガポール・フライヤー」「メモリーズ・オブ・フレンドシップ」の楽譜が到着!とても立派な楽譜で驚きました。シンガポールでは11月中旬に配布され、4月〜5月において開催される吹奏楽コンクールに向けて練習を既に始めているとのこと。来年1月には私が直接、シンガポール陸軍音楽隊をモデルバンドとして課題曲講習会を行うことになっています。この課題曲は日本を初めとするシンガポール以外の国では5月以降には解禁となるので、引き続きブレーンミュージックより「出版譜」として販売される予定となっています。

先日、今年最後の尚美の授業に行ったら企画広報課の砂川さんが今年限りで結婚退職をされるとのこと。私が尚美で教えるようになった頃からお世話になっていたのでとても残念です。。。が、お幸せに!“砂川さんにお子さんが生まれ吹奏楽を始めたら、今度はお母さんとしてお会いできるかもしれませんね!”と、未来の再会を夢見て記念撮影。ちょうど作曲家の坂井貴祐さんもいたので一緒に!坂井さんも砂川さんとは仲が良かったので寂しそうでした。本日はデ・ハスケより出版される新譜の校正に追われていましたが、明日は忘年会、明後日は「第29回吹奏楽ゼミナール」(日本吹奏楽指導者協会主催)の講師を務めるのでまだまだ今年も気が抜けません。というか正月も無く作曲しなくてはなませんが…。

◇ 東京理科大学の定演!新作初演!

12月 26, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

本日は東京理科大学吹奏楽部第29回定期演奏会。会場に少し早めな半端な時間に着いたので近くで発見した小樽食堂で海鮮丼を食べました。正直、本場の味とは異なりますが札幌のスープカレーや帯広の豚丼、ジンギスカンなど基本的に北海道の名物料理が擬似的に楽しめるようです。またチャンスがあったら行ってみたいと思います。

会場の野田市文化会館に着くとメンバーはちょうど昼タイムで本番まであと少しというところ。常任指揮者である金田耕一先生と本番の流れを打合せしていると、どこかで聴いたことのある曲が!【トリプルあいす】だ!音の聴こえる方向に行くと開演前のロビーコンサートで演奏するということで練習中。せっかくなので記念写真!金田先生は5年前よりご指導されていていますが本日は、着実にバンドのレベルが高まっていることが演奏だけでなく聴衆からも伝わって来ました。当時300人弱しか会場にはお客さんはいなかったそうですが、本日は子供からご年配の方までほぼ満席になるほど足を運んでいました。オリジナル作品からポップスに至までの選曲、そしてトークや演出で盛上げるステージは感心するほど面白い。センスも知的かつユーモアの溢れるもので会場からは常に笑いが絶えませんでした。【太陽への讃歌】に続き、委嘱作品である【吹奏楽のための譚詩「追憶の波状」】も熱演でコラールではエネルギーと全身全霊で奏でる歌が客席に響き渡りました。文句無しの演奏会!ですが、会場の座席が硬く少し痛かったのが唯一の惜しかったところかもしれません。本当に金田先生と学生さんが共に「音楽」を楽しんでいるのが判る、気持ちの良いバンドでした。

今回の委嘱作品は金田先生のご要望もあり日頃より顧問として学生を見守って下さる、同大学理工学部工業化学科教授である阿部正彦先生の「研究」に絡んだテーマとして、阿部先生に音楽を通して恩返しをしたいというものでした。阿部先生の「研究」は今後、日本の、世界の大きな環境問題を良き方向へ導く一般の人々にとっても重要なもの。当然全てを私が理解できる訳もないし、10分弱の作品にまとめることも不可能。そこで、その精神とロマン、苦悩を氷山の一角ではありますが「音楽」としてまとめてみました。写真は阿部先生ご夫妻。学生さんたちは演奏会終了後にし清々しい笑顔で目標を完全燃焼できた様子でした。

打上は何とメンバー全員参加。このバンドはチームワークが何よりも素晴らしい。打上げの席でも先輩、後輩を思いやる言葉が多く、互いに励まし合い今日の日を迎えたことが外部の私でも判り、そのドラマが見えてきます。とても明るく素直な学生さん、そして宴会でも知的な演出が盛りだくさん。金田先生は音楽だけではなく、人として思いやる気持ちも教えているのだと痛感します。学生さんの立場、同じ目線で色々考え、苦しみ、楽しんだ5年とい節目を迎えた金田先生。今後、益々のバンドに成長するよう心より応援しています!写真はご機嫌で少し酔い気味の金田先生!人気のある「指導者」というのは、こういう人なんだ、と感じました!

◇ 第20回ジョイント・コンサート!

12月 23, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

“ジョイント・コンサート”といっても日本中どこにでもある開催名。地元、千葉県市川市で行われる高校生たちのイヴェントですが、市川の高校だけでなく松戸や船橋など混ざっていて地域も限定できない、とても説明の難しいコンサート。実はこのコンサートは【ザ・ウエスト・シンフォニー】の企画者でもある千葉県吹奏楽連盟事務局長の吉田直先生を中心とする、吉田先生と親しく関わる先生方の勤務校が関わり、1年生、2年生がそれぞれ合同バンドを結成し何度かの練習を経て本番を迎えるもので、勤務校が変われば参加校も変わるといった面白いイヴェント。デビュー当時に吉田先生にお世話になっていたこともあり他の先生方も顔見知りで何度も宴会もご一緒させて頂いています。節目を迎える年なのでということで2年生の合同バンドの演奏と1年生全員の合唱による毎回アンコールで使える曲をと依頼され作曲したのが【ドリーム・クルーズ】。タイトルは生徒さんからの公募で決定!吉田先生のオーダー通り、耳馴染みのあるポップス調で5分弱、ファンファーレから始まりテンポUP!中間部ではコーラスが歌い最後は派手に終わる曲、というのを書いてみました。オリジナルでポップスを書くなんて他では絶対に頼まれないこと。デビュー時期にお世話になったご恩返しのつもりで気持ちを込めて作曲させて頂きました。しかしながら仕上がったのがシカゴに行く数日前…。しかも1年生の合唱と2年生バンドはそれぞれ別会場で練習していて、今日が初の合唱とバンドとの合わせ、そして本番となります。参加校も多いのでリハーサル時間も短く大変…。ですが吉田先生の手慣れたご指導ですぐに形が見えて来ました。

本番も無事に成功!トークショーの関係で舞台裏で私は待機していたので、始めてi-phoneの動画で初演を記録してみました!舞台裏からなので合唱が聴こえにくいですが雰囲気は判るのではないかと思います。




本番終了後は各校の代表者が話をしてまとめるといった交流も大切にされたイヴェント。OBバンドもあり【ザ・ウエスト・シンフォニー】を初演した市川西高等学校の卒業生たちにも久しぶりにお会いすることが出来ました。卒業生たちもたくさん集まるコンサート。各校の先生方のご指導が素晴らしいことを物語ります。なかなか地元でありながら千葉県での演奏会に行く機会が無かったので楽しい1日でした。終演後はもちろん先生方と打上げ!夜遅くまで続きました!

▽ 尚美→シンガポール打合せ!

12月 22, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

日付変更線を越えたために昨日、シカゴより帰国。そして本日は早朝より尚美の授業。マイナス19度までの気温に慣れてしまったからか、日本が暑く感じます。特に総武線の湿気の多いラッシュにはウンザリ…。今日は私の直接の授業ではありませんが佐藤正人先生の指導する「バンドディレクターを目指す学生が佐藤先生の指導のもとで合奏の練習を進めて行く」といった尚美の独特の授業に顔を出しました。基本的には学生が指揮をしながら合奏を進めて行きますが、自動車の教習所の教官のように学生の指摘が曖昧な場合や、困った場合に佐藤先生がアドバイスするといったハイレベルな内容。毎回、この授業では私の作品が取り上げられていますが今回も2曲ほど選曲されています。ちょうど会場に行くと将来バンドディレクターを目指し頑張っている樫野哲也くんの指揮する出番。彼は東北福祉大のCDを聴いて真っ先に【ひと夏の恋】を選曲。本番は2月なので恐らく関東初演は彼の手によって行われることになります。佐藤先生のアドバイスは一言一言が的確なので、樫野くんも演奏する学生さんたちもすぐに理解し演奏に反映されていきます。また技術的なアドバイスだけではなく“八木澤先生の作品はこう書かれていたら〜こうすると〜”と八木澤作品の傾向と対策を熟知した上でのポイントもお話しされるので、見学をしている学生さんたちにとっても勉強になるもの。あと数回の授業で本番、樫野くんが最終的にどういった音楽を聴かせてくれるのか楽しみです。

授業終了後はちょうど来日されているシンガポール教育庁のシャオ・ローレンス氏とディナー。1月のシンガポール課題曲クリニックにはウインドアート出版の神長一康さんも同行することになったのでご紹介しました。課題曲クリニックは陸軍軍楽隊をモデルバンドにして私が直接、指揮をしながら進めていくことになりました。恐らく日本の課題曲クリニックとは求められることが違ってくると思います。現場の状況に応じてご来場されるバンドディレクターの皆さんの求めるものを今回も臨機応変に行う必要がありそうです。またありえない偶然でシンガポール留学から帰国された鶴田灯さんにバッタリ再会。3次会から合流し、せっかくなので通訳もして頂きました。それにしても1月のシンガポール行きは尚美の授業終了後に羽田空港を利用してダイレクトで現地に向かい、到着と同時にリハーサルとまたまたハードスケジュールになりました…。来年も海外には多くいくことになりそうです。

◆ シカゴ8日目→帰国。

12月 20, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

遂にシカゴ最終日となりました。昨年は不安と緊張に包まれたシカゴでしたが今年は想像を遥かに超える楽しさと出会いがありました。ヒルトンホテルにある大きなクリスマスツリーとも来年までお別れ。荷物をまとめてロビーでクラリネット奏者の三浦幸二さんとウインドアート出版の神長一康さんと待合せ。空港まで一緒に行き、三浦さんはデルタで、神長さんはANAで、私はJALと異なるターミナルへ移動。三浦さんの出発時刻に合わせて空港に到着したので私は余裕があり、空港内を散歩。チェックインも無事に済ませ飛行機へ搭乗。疲れもあってすぐにぐっすりお休み。しかしながら飛行する13時間ずっと寝ていることも出来ずに映画を3本ほど見てしまいました。日付変更線を越えて翌日となった日本、 成田空港へ無事に到着。月曜日に出て火曜日に到着。すなわち明日は尚美の授業の日。荷物も多いのでタクシーにて自宅まで直行!またまた日本で過酷な日々が開始です。今年も年末年始は無休で頑張るしかありません!

◆ シカゴ7日目!

12月 19, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

今日は何の予定もなく本当にフリーな日。クラリネット奏者の三浦幸二さんと共にシカゴの更なる開拓をするために散歩を。大きなマクドナルドを発見したりしているうちにランチの時間。メキシコ料理屋を見つけたので入ってみることに!とても美味しくシアトルを想い出します。昼間からガンガン呑んでしまいました…。又、三浦さんも私もスーツケースに荷物が入りきれなくなっている話題となり、緊急事態としてバッグを購入することを決意。かなり頑丈な良いものを発見!何と7000円と安い!結局、色違いのものを買ってしまいました…。ちなみに三浦さんが来ているコートはシカゴ2日目に購入したばかりの高価な品。この写真が日本初公開となります!

夜はウインドアート出版の神長一康さんと合流し夕食を。三浦さんも私もメキシコ料理でまだお腹がいっぱい…。とりあえずハンバーガーを1人前注文しましたが…かなりの量で大正解!写真は3人分に取り分ける神長さん。かなりの大役を果たしました。いよいよ明日は帰国日となります。楽しかったシカゴ生活も今日でおしまい。

★ シカゴ6日目!

12月 18, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

昨夜を持って今回のミッドウエスト・クリニックでの任務は全て終了!本日は昨年行けなかったシカゴ交響楽団の演奏会にクラリネット奏者の三浦幸二さんと行くことに!ウインドアート出版の神長一康さんはシカゴ美術館に午前中行くということで15時の開演に合わせて待ち合せを。今回はあえてファミリー向けのクリスマス・コンサートに行くことにしました。本場のクリスマス・コンサートなんて日本では絶対に見ることが出来ないからです。ホールに到着すると各階ロビーにて合唱団が配置されロビーコンサート。恐らく学生さんでしょう。少人数ながら音圧のかかる発声法に三浦さんと共に驚く。何よりもお互いの表情を見合わせて楽しみながら呼吸を合わせているのが新鮮。訓練された事務的な表現ではなく、その場の雰囲気やお客さんの反応に合わせて変化していきます。そして、いよいよ演奏会の始まり!ディズニーの世界のようなミュージカル形式。聴衆も一緒に歌う場面などもあって子供でも楽しめる内容ですが、、、演奏が上手過ぎる。特に金管セクションのレベルが常識を超えています。音楽も派手でまるで耳元で演奏しているのではないかと思えるほどの重圧なサウンド。これは新鮮で初体験、メロディも耳から離れない。何よりもお客さんが笑顔で帰って行く姿が印象的。本当に心から楽しんでいたことが伝わり、それを見ているだけで幸せな気持ちになります。

夜は大阪市音楽団の三宅さん、高畑さん、関西学院大学応援団総部吹奏楽部ミュージックアドバイザーの戸田先生と共にディナー。2次会は三浦さんと2人で遅くまで。シカゴ滞在もあと明日1日。明日はゆっくりショッピングかな?

☆ ミッドウエスト・クリニック!(シカゴ5日目)

12月 17, 2010 By: S.Yagisawa Category: 日記

ミッドウエスト・クリニックもあっと言う間に3日目。さすがに足も棒…食べ過ぎて胃も調子が…何よりも寝不足で疲労困憊…。ですが1分1秒が刺激的で貴重な瞬間なので気合いは抜けない。今日もブレーン・ミュージックのフロリダ支社であるブラヴォ・ミュージックのブースに行くと響宴のゲストコンダクターとして日本へいらっしゃった吹奏楽指導者のリンダ・ムーアハウス女史と再会。またシンガポールの皆さんも話しかけて下さったので9月に作曲したシンガポール吹奏楽コンクール課題曲【MEMORIES OF FRIENDSHIP】【THE SINGAPORE FLYER】のご感想も頂きました。今日の16時でブースは終了。明日はブースは無くなり演奏会があるのみなので本日のうちに各国に帰る方も大多数。本当に短く感じる3日間でした。

夜はオランダのデ・ハスケ社のディナーパーティー。デ・ハスケ社に関係する作曲家を中心とするメンバーで昨年に引き続き今年もご招待頂きました。夜景の奇麗な高級フランス料理を貸切の部屋で堪能。量の多いアメリカン・フードで胃も調子が悪かったので久々に上品な料理と感動的なワインを頂きました。エリック・コロンバ氏はワイン通でも知られることから本日も選定。

私の前にはデ・ハスケの社長であるハルムト・ヴァン・デル・ヴェーン氏、作曲家のヤン・ヴァン・デル・ロースト氏、フィリップ・スパーク氏、そして横には作曲家のフランコ・チェザリーニ氏、オットー・シュヴァルツ氏といった豪華な面々。皆さん私が年下ということもあって、とても可愛がってくださいます。デ・ハスケ・ジャパンの伊東美奈さんにも語学的なサポートを頂いたこともありますが、昨年よりも居心地の良い楽しい会食になりました。昨年は何もかにも始めてで本当に緊張の連続でしたので…。

ホテルに到着するとタイミング良く作曲家のヨハン・デ・メイ氏に再会。皆んで記念写真を!かつての「合歓の郷」でデビュー当時に味わった新鮮で刺激的な世界がここにある。振り向けば巨匠がいるといった環境に麻痺しそうで恐いです。

時間は既に23時過ぎ。クラリネット奏者の三浦幸二さん、ウインドアート出版の神長一康さんと合流する時間をすっかりオーバー。電話で先にホテル内のBARに行ってもらうことにしていたのでタイミング良く合流!BARには近年日本でも人気の高い若手作曲家のジョン・マッキー氏(代表作:翡翠、レッドライン・タンゴ)や昨日初対面となったロバート・スミス氏など著名人もいらっしゃいました。今日も外国人の皆さんのお酒のペースについて行けず 中座。深夜1時過ぎには各自の部屋へ戻って行きました。とても楽しい3日間でした!